特殊清掃

特殊清掃とは

img04

家族が気が付いてあげれなかったり発見に時間がかかり傷んでしまった遺体が見つかった部屋などの原状回復は、「特殊清掃」!異臭が漂い、物が散乱するケースも多く、現場作業には感染症予防のためにもゴーグルやマスク、防護服で臨む。

主に独居死、孤立死、孤独死などの変死体があった屋内外の汚染除去、血液除去、腐乱・腐敗した体液、肉片の除去、死臭や腐乱臭の消臭、感染症予防のための消毒、ハエやウジなどの不衛生害虫の害虫駆除、残置物処理、室内解体工事、現状回復工事などの原状回復や原状復旧をトータルにサポート致します。

特殊清掃の流れ

1,はじめに
まずはじめに、ご理解頂きたいことがあります。特殊清掃という言葉から、血液・体液等の腐敗液による異臭などを取り除くことが連想されるように、少なからず業務を行う上では、専門的な知識が必要となります。そのため、清掃作業の開始前には「状況に応じて、業務の説明を行う」ことが重要となります。
2,薬剤の噴霧
部屋に入室する際は、“消臭・除菌”の作業が大変重要となります。作業を行う前に最初の作業として行っておきましょう。臭いの元となる菌をその場で除菌するため、素早く消臭することが可能となります。消臭・除菌作業後、現場に長時間入っていても、問題がない状態となれば、ご依頼に合わせた「清掃業務」を行う段階へと移っていきます。
3,清掃業務、汚染個所撤去
孤立死のように、長期に渡り、死後そのままの状態でご遺体が放置されていた場合、作業時にはご遺体が無い状態で引き渡されますが、ウジ等の虫がたくさん湧いていたり、腐敗液や汚物等で、床が汚れていることがありますので、害虫の除去をはじめ、各現場の状況に応じた清掃を行いましょう。
4,薬剤の再噴霧(臭いが取れない場合または、状況に応じて)
ご遺族のご要望により近付けられるよう、準備した薬品を使用し、消臭・除菌などの作業を行っていきます。その際、消臭剤は「噴霧機」を用いて、天井から床部へ吹き付けるように消臭作業を行っていくのが望ましいでしょう。天井から吹きかけていくことにより、壁紙から床へと効率よく噴霧することが出来ます。
5,退室後
最後に、現場を退室される際、必ず行って頂きたいことが、自分たちへの「除菌・消臭」作業です。なぜなら、自分が起点となり、周囲に危険が及ぶかもかもしれない等、 私たちの1つの不注意でどんなことが起こりうるか、想像がつかないからです。着ていた作業着は袋を2重にして廃棄し、髪の毛や顔をはじめ、身体の中で、現場に直接触れた部分には、しっかりと除菌・消臭を行っておく必要があります。

遺品整理とは

img05

遺品はいわゆる遺産の内でも動産など物品全般を指すが、こと故人が生前に使用していた生活雑貨や衣類・家具・家電製品など古物としては財産価値の薄い物品も親族にかわり、必要であるかないかに分けて、いらないものの処分をお手伝いします。

故人の遺品を遺族で分け合うことを形見分けと呼び、急な出来事の場合、あるいは借家や賃貸アパートなど賃貸住宅を明け渡さなくてはならないような場合は、葬儀などの法事が終わってから、直ちに遺品整理・処分にかかることが多いのです。

日記・手紙・手帳(住所録やメモなど)・預金通帳などは、1年から2年程度は必要になることもあるので保管し、その他の家具や箪笥などの家財道具は福祉施設に、書籍などは地域の図書館や学校などに寄贈されることもあるが、中には引き取り手のつかない、あるいは財産としての処分を行うこともできない物品もコチラで処分致します。

遺品整理の流れ

1,分別・梱包
室内の遺品の確認を行い、形見分け品と供養品、リサイクル品などを確認し、仕分け梱包いたします。同時に貴重品などの見落としが無いかを確認し、捜索とチェックを行ないます。
2,搬出
残った買取品(遺品)を全て分別しながら梱包、終わった遺品を屋外へ搬出していきます。 買取れない遺品については、地域の廃棄物取引業者の手配を代行し、玄関先まで引取りに来てもらいます。
3,清掃
搬出が終わり空になったお部屋を遺品整理業者スタッフが清掃させて頂きます。
<基本清掃内容>
すべての床の掃き掃除、水回りの洗浄、ご指定箇所の拭き掃除、掃除機掛け、玄関やベランダの掃き掃除
4,作業終了後の確認
ご遺族のご要望により近付けられるよう、準備した薬品を使用し、消臭・除菌などの作業を行っていきます。その際、消臭剤は「噴霧機」を用いて、天井から床部へ吹き付けるように消臭作業を行っていくのが望ましいでしょう。天井から吹きかけていくことにより、壁紙から床へと効率よく噴霧することが出来ます。
5,退室後
発見された貴重品や写真、手紙等は、ご依頼者にお渡しし、確認して頂きます。形見分けの配送先はご希望日(相談の上)に指定場所にお届け致します。供養品は、遺品整理業者内の祭壇に供え、僧侶を招き、無料で合同供養を行ないます。
PAGETOP
Top